2019細村秋の大商談会  “思い”を来場者に伝えてこそ

THE WEEKLY BURO  第3234号  ㈱細村(細村範生社長)は、9月13日午前9時30分から、埼玉・川越の ウェスタ川越で“Next あなたとわたしと、文具のみらい”をテーマに 「2019秋の大商談会」を開催、来場した180店に未来に向けた商品を提案した。
    

  
  

  
  

  
  

  
  

  
  

    

  
  

    

  
  

    

  
  

    

  
  

    

  
  

    

  
  





 午前8時40分から開会式が行われ、はじめに細村社長が「7月決算を終えたが、
厳しい 一年であった。今回の商談会のテーマは“Next あなたとわたしと、文具の
みらい”で、社員 全員で考えたものである。商談会は新年度最初の一大イベント
であり、この一年、未来をつくる 気持ちで臨んでいる。われわれは全力を尽くす
ので、みなさんも販売店が“この商品を売りたい” と思ってもらえる商品を紹介し
てほしい。そして、ユーザーに“この商品を使ってもらいたい”と いう思いを伝えて
ほしい。きょう一日、協力をお願いする」と、力強くあいさつした。






 続いて、出品メーカーを代表して、クツワ木野執行役員東日本営業部長が
激励の言葉を 贈ったあと、注意事項の説明を行った。
 次に、細村副社長が「第69期は、前期に続いて営業赤字となった。前期から
のソフトの後始末に 加えて、文具の落ち込みにブレーキがかからなかった。
“入るを量りて出ずるを制す”ができずに 赤字となった。新学期に期待した
ものの、思う商品が振るわず、直ちに手当を行ったが、 間に合わなかった。
売り上げを伸ばすことがむずかしいので、経費を節減するしかない。人員を
減らしたり、セールスの訪問手順を変えた。これで計算上は黒字になる。潤沢
な仕入れをするために 今期こそ黒字にする。商談会は、来場者目標は185店
だが、実際に来場するのは170店ぐらいと みている。ぜひ、来場者の30%、50
店に売っていただきたい。来春の商談会は、1月10日に開催する」 と、厳しい
現況に触れた。  最後に、営業社員が「売上目標1憶1840万円、来場目標185
店を達成します」と宣言して開会式を 終了した。
 会場には東西の有力メーカー54社が出品し、年末年始の最盛需要期に向けた新製品や 売れ筋商品などを来場者にアピールした。また、提案コーナーでは、防犯グッズ、玩具などを はじめ、コクヨが360度揺れながら体と脳を活性化するチェア・イングのデモンストレーションを 行った。  また、午前11時30分と午後1時30分の二回、メーカー数社から新製品の発表と売り込みを行い、 来場者の買い気を誘った。








ページトップに戻る
2019秋の大商談会
令和元年9月13日(金)
於 ウエスタ川越